ホーム > 保険・年金・医療 > 不妊治療費助成金について

不妊治療費助成金について

鞍手町では、不妊治療を行う夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療費の助成を実施しています。

区分 一般不妊治療 特定不妊治療
治療の種類
  • 特定不妊治療を除く不妊治療
  • 人工授精
  • 保険の適用とならない体外受精、顕微授精に限る
対象者

①法律上の婚姻をしている夫婦

②夫婦(仕事等でやむを得ない事情により夫婦の一方が町外に居住している場合、近い将来夫婦ともに町内に居住する方)が鞍手町に住所を有し、助成申請をした前日までに1年以上居住している方

③町税、国民健康保険税、税外徴収金の滞納がない方

④夫婦の女性の年齢が43歳未満である方

⑤産婦人科や泌尿器科を有する医療機関において不妊治療を受けた方

①②③については一般不妊治療と同じ

④指定医療機関において不妊治療を受けた方

⑤「福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要綱に規定する助成金」の決定を受けている方

助成回数
助成期間

年度1回の申請(*注1)

「福岡県不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要綱」に規定された回数

*注1 年度とは、4月1日から翌年3月31日までの1年間のことです。
助成金額 1年度内(4月~3月)上限額3万円 1年度内(4月~3月)上限額15万円
高額医療等、他の制度で助成を受ける場合は、対象治療費より控除されます。
申請期間 4月1日から翌年3月31日までに行った検査及び治療費を取りまとめて、治療を受けた日の属する年度内に申請する。(ただし、やむをえず年度内に申請できなかった場合には、4月末日までに申請。事前に相談が必要。)
必要書類
  1. 鞍手町不妊治療費助成金交付申請書
  2. 鞍手町不妊治療費助成金医師証明書(一般不妊用)
  3. 一般不妊治療費に係る領収書・明細書
  4. 夫婦の一方が町外に居住する場合においては、町外居住についての申立書
  5. その他町長が認める書類
  1. 鞍手町不妊治療費助成金交付申請書
  2. 福岡県発行の「不妊治療費助成承認決定通知書」(コピー可)
  3. 特定不妊治療の費用に係る領収書・明細書(指定医療機関発行)
  4. 夫婦に一方が町外に居住する場合においては、町外居住についての申立書
  5. その他町長が認める書類

申請手続き

①必要書類の準備

  • 申請書類は、役場保険健康課にてお渡しします。また、以下からダウンロードすることもできます。
  • 不妊治療期間中の領収書は大切に保管してください。(申請時に必要になります)
申請書類 ワード PDF
不妊治療費助成金交付申請書 ダウンロード(ワード:44KB) ダウンロード(PDF:124KB)
町不妊治療費助成金医師証明書(一般不妊用) ダウンロード(ワード:37KB) ダウンロード(PDF:109KB)
町外居住についての申立書 ダウンロード(ワード:31KB) ダウンロード(PDF:85KB)

②申請手続き

  • 必要書類を、鞍手町役場保険健康課にお持ちください。(郵送でも可能です)
  • 申請者は、夫婦のどちらでもかまいません。口座の名義は申請者名義となります。
    (*郵送申請される場合の領収書・明細書は、確認後後日返送いたします。)
  • 受付時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで
    (*上記の時間が難しい場合は、下記までご相談ください。)

 ③審査

  • 保険健康課にて、審査をし、その後「補助金交付(不交付)決定通知書」を郵送します。

④振り込み

  • 対象者の指定の口座に振り込みます。
    *申請から振り込みまで、約2か月程度を予定しています。

【その他】

  • 文書料や入院室料、室料差額、食事療養費等の直接治療にかかわらない費用は対象外です。
  • 鞍手町に転入された場合は、転入日以降の治療分が補助の対象となります。
  • 他市町等へ転出される方は、転出前に申請を済ませてください。(転出日以降は、補助することはできませんのでご注意ください。)
  • 鞍手町の町税等に滞納のない方が対象となります。
  • 一般不妊治療については、助成金の上限が3万円となるため、治療費が上限金額に達成した場合と年度が切り替わる場合に申請できます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課局:保険健康課健康増進係担当

電話番号:0949-42-2111

内線:203・206