ホーム > ごみ・リサイクル > 鞍手町は「ゼロカーボンシティ」を宣言します

鞍手町は「ゼロカーボンシティ」を表明します

鞍手町では、2050年までに、二酸化炭素排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」の実現に向け、取り組むことを表明します。

排出実質ゼロとは

二酸化炭素などの温室効果ガスの人為的な発生源により排出量と、森林等の吸収源による除去量との間の均衡を達成すること

ゼロカーボンシティとは

環境省では、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す旨を首長自らまたは地方公共団体として表明した地方公共団体を「ゼロカーボンシティ」としています。

背景

 近年、猛暑や豪雨被害など、地球温暖化が要因とみられる大規模災害が多発しており、今後も干ばつや海面上昇、農業生産や水資源への影響など、私たちの生活に甚大な被害が及ぶ可能性が指摘されています。

 こうした状況を踏まえ、2015年に合意されたパリ協定では「産業革命前からの平均気温上昇幅を2℃よりリスクの低い1.5℃に抑えるよう努力する」との目標が広く共有されました。2018年に公表されたIPCC (国連の気候変動に関する政府間パネル)では「気温上昇を2℃よりリスクの低い1.5℃に抑えるためには2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにすることが必要」とされています。

 この目標達成に向け、地方公共団体における取組の重要性と広がりが期待され、2050年二酸化炭素排出量実質ゼロへの参画が促されています。

脱炭素に向けた取り組み

 本町では、令和3年1月に公共施設や公共事務事業に関する鞍手町地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定しました。本計画において、基準年度(2013年度)と比較して、2030年度に温室効果ガス排出量40%削減を目標に掲げています。

 なお町民や事業者の皆さんへの取り組みについては、今後、新たな施策や具体的手法等を検討、実施することにより2050年二酸化炭素排出実質ゼロを目指します。

 

「ゼロカーボンシティ」の宣言文(PDF:42KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課局:農政環境課生活環境係

電話番号:0949-42-2111

内線:351・354