ホーム > ライフイベント:生活 > 水道管の凍結に備えましょう

水道管の凍結に備えましょう

平成28年1月、大寒波により町内で多くの水道管が凍結し、破裂しました。このように、寒さが厳しくなると水道管が凍結して破裂する恐れがあります。

水道管の凍結予防には次の方法が有効です。水道管破裂による漏水などを防ぐため、事前に対策をしておきましょう。

また、水道管が凍って水が出なくなった場合は、ぬるま湯をゆっくりとかけて溶かしましょう。熱湯をかけると、かえって破損する恐れがありますのでご注意ください。

水道管凍結予防のために…

①水道管に保温チューブなどを巻く
水道管保温チューブ

②寝る前には、糸が引く程度で水を流したままにする
水道管凍結予防②

③メーターボックス内には、布やビニール袋に新聞紙を丸めたものを詰める
水道管凍結予防③

水道管が凍ったとき、破裂したときは

万一、宅地内で水道管が破裂した場合は、メーターボックス内にある元栓を右に回して(時計回り)水を止め、指定給水装置工事事業者に依頼し、修繕をしていただくことになります(費用は自己負担になります)。

また、道路内に敷設された水道管の漏水については、役場上下水道課または中央浄水場にご連絡ください。

 

お問い合わせ

所属課局:上下水道課上水道工務係

電話番号:0949-42-0408

(鞍手町中央浄水場 電話番号:0949-42-0417)