ホーム > 住宅 > 木造戸建て住宅の耐震改修工事を支援します

木造戸建て住宅の耐震改修工事を支援します

福岡県では、昭和56年5月31日以前に建築された2階建て以下の一戸建ての住宅について、地震による倒壊を防ぐために、令和元年度において耐震改修工事または耐震シェルター等の設置をされる際に、その費用の一部を助成することになりました。

対象要件

次のすべての要件を満たす住宅が対象です。

  1.  昭和56年5月31日以前に建築または着工された鞍手町内に建つ2階建て以下の一戸建て住宅
  2. 耐震診断の結果、建物の構造評点が1.0未満であること
  3. 耐震改修工事については、耐震診断の結果、建物の構造評点が1.0未満と診断され、耐震改修工事において建物の構造評点が1.0以上となるもの
  4. 耐震シェルター等の設置については、高齢者等が居住していること
  5. 建築基準法等に違反していないこと
  6. 現に入居者がいること

申込資格

対象となる住宅の所有者で、税などの滞納をしていない人

補助金額

『耐震改修工事』
耐震改修工事に要する費用の25%に相当する額(上限30万円)

『耐震シェルター等設置』
耐震シェルター等設置に要する費用の23%に相当する額(上限15万円)

申込受付

令和元年5月7日から随時受付。
受付場所 役場建設課建築係
受付時間 8:30~17:15まで(土・日・祝日は除く)

※ただし、申請が県の予算の額に達した場合は受付を終了させていただきますので、希望される方はあらかじめお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ

所属課局:建設課建築係

電話番号:0949-42-2111

内線:375